最近のトラックバック

« 『宇宙戦艦ヤマト 復活編』 | トップページ | ルピシア 2010年 冬の福袋 »

『今度は愛妻家』

HBCシネマ倶楽部

『今度は愛妻家』の試写会にきました。

Tiz_0342_large

最初のうちは、

「う~ん、テレビで十分な映画かな」と

思っていたのですけれど!!

なんと!!

なかなか、ストーリー展開がすばらしい映画でした。

まっ、展開的には、前にもあったような展開だったのですけれど...。

舞台の映画化ということで、

場面は部屋が中心なんですけれど、

なかなかいい映画でしたよ。

笑いあり、涙あり...。

最後の方は、泣けるかも...。

というわけで、

勝手な評価は、

『★★★★☆』(4.0/5.0)を

あげましょう。

ぜひ、スクリーンで!!

« 『宇宙戦艦ヤマト 復活編』 | トップページ | ルピシア 2010年 冬の福袋 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

ティオは、最初も展開したかったの♪

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122561/32724102

この記事へのトラックバック一覧です: 『今度は愛妻家』:

» 『今度は愛妻家』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「今度は愛妻家」□監督 行定勲 □原作 中谷まゆみ □脚本 伊藤ちひろ□キャスト 豊川悦司、薬師丸ひろ子、石橋蓮司、水川あさみ、濱田岳、城田 優、井川 遥、津田寛治、奥貫 薫■鑑賞日 1月16日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★★(5★満点、☆は0.5)<感想> 夫婦のことは夫婦にしかわからない。 その切り取った二人の生活に幸せと言える日々はない。 しかしながら、当然のようにひとつ屋根の下で生活する二人のどちらかが欠けたとき、 改めてその... [続きを読む]

» 今度は愛妻家 [映画的・絵画的・音楽的]
 『今度は愛妻家』を渋谷TOEIで見てきました。  どうもなかなか評判が良さそうなので、足を運んでみた次第です。  この映画には、大きく言って問題が二つあるかもしれません。  一つめは、戯曲の映画化という点です。  映画の設定場所が雑司ヶ谷の鬼子母神近くと酷く具体的で、かつ沖縄の海岸をバックにしたエピソードが出てくるものの、わざわざそんな映像を出さずとも済みそうでもあり、また、写真家の家の中の場面が長く、人の出入りが2か所のドアを通じてなされるようなところから(上手と下手でしょう)、どうやら戯曲を... [続きを読む]

» mini review 10483「今度は愛妻家」★★★★★★★☆☆☆ [サーカスな日々]
仕事も家事もせず、妻への愛情も微妙なダメ夫と、そんな夫を献身的に支える健康オタクの妻が織り成す、ハートフルな夫婦のドラマ。大ヒットを博した中谷まゆみ原作の舞台劇をベースに、ヒットメーカーの行定勲監督が涙と笑いが交互に訪れる感動ドラマとして演出。夫婦を演じるのは、『サウスバウンド』の豊川悦司と『ALWAYS 三丁目の夕日』薬師丸ひろ子。ダメ夫婦から誰もがうらやむ理想の関係に変わる、夫婦のきずなに心動かされる。[もっと詳しく] <さよなら>の前に、やるべきこと。 中谷まゆみ原作の舞台劇は02年に公... [続きを読む]

« 『宇宙戦艦ヤマト 復活編』 | トップページ | ルピシア 2010年 冬の福袋 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

B4

PIXTA

  • 写真素材 PIXTA
  • PIXTA

映画.com