最近のトラックバック

« 『ロストクライム-閃光-』 | トップページ | '10.7.11『八紘学園』 »

『必死剣鳥刺し』

HTB映画試写会

『必死剣鳥刺し』に行ってきました。

Hkt_ma1_large

いゃ~、最近は、暑いですね。

暑い日は、映画を見ながら涼むのもいいですね。

今回は、時代劇。

結構、太刀回りとか見所なのですけれど...。

今回は、残念です。

最後、なぜ、びしょぬれで....。

太刀回りが地味で...。

もっと、優雅さというか、

手に汗握る感じがほしかったです。

『るろうに剣心』ファンとしてわね。

というわけで、勝手な評価は、

『★☆☆☆☆』(1.5/5.0)

です。

どうでしょう?見てみてください。

« 『ロストクライム-閃光-』 | トップページ | '10.7.11『八紘学園』 »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/122561/35622089

この記事へのトラックバック一覧です: 『必死剣鳥刺し』:

» 必死剣 鳥刺し [LOVE Cinemas 調布]
藤沢周平の「隠し剣」シリーズのなかの一編を映画化。とある事件から不条理な運命に身を堕とした剣客の心情を描き出した時代劇だ。主演は『今度は愛妻家』の豊川悦司、共演に『パーマネント野ばら』の池脇千鶴。他にも岸部一徳、小日向文世、吉川晃司、戸田菜穂ら実力派が揃って出演している。監督は『しゃべれども しゃべれども』の平山秀之。豊川悦司の迫力の殺陣に注目したい。... [続きを読む]

» 必死剣鳥刺し [ダイターンクラッシュ!!]
2010年7月5日(月) 19:30~ 丸の内TOEI1 料金:0円(完成披露試写会) パンフレット:0円(売値不明。豪華なプレスかもしれない。) 『必死剣鳥刺し』公式サイト 初めて試写会に行きましたよ。しかも舞台挨拶付き。家に招待状が来ていて、どこで当たったんだろうと思ったが、どうやら「必死剣耳掻き」を調べた時に、公式サイトから申し込んだのが当たったようだ。残念ながら「必死剣耳掻き」は、貰えなかった。 登壇したのは、主役の豊川悦司、ヒロインの池脇千鶴、いい役の吉川晃司、殿役の村上淳、殿の側室... [続きを読む]

» 必死剣鳥刺し [うろうろ日記]
試写会で見ました。豊川(悦司)さんと池脇(千鶴)さんが舞台挨拶にこられていました [続きを読む]

» 平山秀幸監督 「必死剣鳥刺し」 [映画と読書とタバコは止めないぞ!と思ってましたが…死にそうになったので禁煙か?]
読売新聞7月9日夕刊の映画評でベタ褒めしてたので、即観たくなっちゃいました(^。^:) 公式サイト⇒http://www.torisashi.com/ 【あらすじ】 舞台は東北、海坂藩。主人公の兼見三佐ェ門(豊川悦司)は、藩主・右京太夫(村上淳)の愛妾で失政の元凶となっていた連子(関めぐみ)を城中で刺殺。   三佐ェ門は斬首も覚悟で凶行に及んだが、意外にも寛大な処分が下され一年の閉門後、再び藩主の傍に仕えることになる。 腑に落ちない想いを抱きつつも、藩士として分をわきまえ、己を抑えて生きる三佐... [続きを読む]

» 『必死剣鳥刺し』 [京の昼寝〜♪]
□作品オフィシャルサイト 「必死剣鳥刺し」□監督 平山秀幸 □脚本 伊藤秀裕、江良至□原作 藤沢周平(「必死剣鳥刺し」)□キャスト 豊川悦司、池脇千鶴、吉川晃司、戸田菜穂、村上淳、関めぐみ、小日向文世、岸部一徳■鑑賞日 7月10日(土)■劇場 チネチッタ■cyazの満足度 ★★★☆(5★満点、☆は0.5)<感想> 「必死剣鳥刺し」とは、究極の、さらに究極の剣。 それはたった一度しか使うことの出来ない秘剣・・・。   一連の藤沢周平作品である「隠し剣」シリーズ。 今回は... [続きを読む]

» 『必死剣 鳥刺し』の作法とは? [映画のブログ]
 宮崎駿監督は、時代劇をやってみたいと云いつつ、悩んでいた。  「こればかりは難しい。どうしていいかわからないんですよね、ほんとのと... [続きを読む]

» 「必死剣鳥刺し」感想 [狂人ブログ ~旅立ち~]
 藤沢周平「隠し剣」シリーズの中でも、現代に通じる傑作と名高い同名作を、平山秀幸監督、豊川悦司主演で映画化。 すごく日本的な見せ方をする映画だと思う。 もちろん時代劇だ... [続きを読む]

» 必死剣 鳥刺し [空想俳人日記]
死延べが 命の粗末なら 鳥繕う  藤沢周平はいい。でも、なんで、いいんだろう。面白い、とは言えきれない。何処がいいの、若い人に言われそう。いやいや、若い人ばかりか、昨今の、昭和生まれでありながら昭和人間の古臭さを脱ぎ捨てて今を満喫している婦人たちからしても... [続きを読む]

» 「必死剣鳥刺し」死に場所を決めて必死剣を繰り広げた先にみた殿様と妾の悪政に翻弄された武士の生涯 [オールマイティにコメンテート]
7月9日公開の映画「必死剣鳥刺し」を鑑賞した。 この映画は藤沢周平隠し剣シリーズの一遍を映画化した作品で、 藩政が乱れた原因が殿の妾にあると察して自らを犠牲に妾を刺すが、 斬首にならず生かされ、自らの死に場所を探していくストーリーである。 剣の剣客でもあ....... [続きを読む]

» 必死剣鳥刺し [映画的・絵画的・音楽的]
 『今度は愛妻家』で好演した豊川悦司が、今度は時代劇に登場するとあって、『必死剣鳥刺し』を渋谷TOEIで見てきました。 (1)冒頭、いきなり海坂藩の藩主の愛妾「連子」が、主人公の兼見三左エ門(豊川悦司)によって殺害されるというショッキングなシーンが映し出されると、もうこの映画の世界から逃れられなくなってしまいます。  といっても、そこからラスト近くまでは、実に淡々とした物静かな映像が続きます。海坂藩があるとされる山形県の四季折々の景色に囲まれながら、閉門を命じられ蔵の中で蟄居する三左エ門の様子、そ... [続きを読む]

» 必死剣 鳥刺し [WEBLOG:e97h0017]
「藤沢周平秀異の作」を映画化したという本作、確かに原作における「必死剣」とは、主人公が我流で編み出した剣技であり、「隠し剣」シリーズでは異色の作品となるでしょう。原作では主人公がなぜそんな技を生み出さなければならなかったのか... [続きを読む]

» 必死剣 鳥刺し [to Heart]
死ぬことさえ、許されない。 ならば、運命を斬り開くまで。 製作年度 2010年 上映時間 114分 原作 藤沢周平『必死剣 鳥刺し』(文春文庫刊『隠し剣 孤影抄』所収) 脚本 伊藤... [続きを読む]

« 『ロストクライム-閃光-』 | トップページ | '10.7.11『八紘学園』 »

2014年4月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      
無料ブログはココログ

B4

PIXTA

  • 写真素材 PIXTA
  • PIXTA

映画.com